下村氏と稲田氏、議連発足へ コロナ後の国家ビジョン議論

 自民党の下村博文選対委員長と稲田朋美幹事長代行は28日、新型コロナウイルスの感染予防をしながら生活する「ウィズコロナ」や、収束後の「アフターコロナ」に向け新たな国家ビジョンを議論する党の議員連盟を発足させる考えを記者団に明らかにした。会長に下村氏、幹事長に稲田氏が就任する。

 下村氏は、新型コロナに関し「国家の危機だ。政治家としてのビジョンをしっかり作っていくことが求められている」と意義を強調。稲田氏も「アフターコロナの価値観の転換や、生き方の変換も含めた大きな議論ができれば」と語った。

 当面の課題として、新型コロナの影響で政府が検討している「9月入学制」を挙げ、党のワーキングチームなどに導入の検討を求めていくという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ