西村担当相、緊急事態全面解除を国会に報告

 西村康稔経済再生担当相は25日の衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令した緊急事態宣言について、全面解除にすることを報告した。西村氏の報告は以下の通り。

 各党の皆さまにおかれましては、政府の新型コロナウイルス感染症対策にご協力を賜り、御礼申し上げます。

 本日、基本的対処方針等諮問委員会を開催し、現時点までの感染の状況、医療提供態勢、監視態勢などを総合的に勘案し、緊急事態宣言を実施する必要がなくなったと認められることから、緊急事態解除宣言を行うこととし、その案についてご了解をいただきました。

 これを受け、政府対策本部を開催し、政府対策本部長から緊急事態の解除宣言を行いたいと考えております。

 また、合わせて変更する基本的対処方針において、緊急事態宣言の解除後は、感染拡大を予防する新しい生活様式の定着を前提として、一定の移行期間を設け、外出自粛や催し物の開催制限の要請などを段階的に緩和することや、宣言の解除後も、基本的な感染防止の徹底を継続しつつ、感染の拡大の傾向が認められる場合には、迅速かつ適切に感染拡大防止対策を講じるものと定めることとしております。

 引き続き、警戒が必要な状況ではありますが、各党の皆さまにもお力添えをいただき、今回の大きな流行は収束へと向かっております。

 今後は、感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両立を図り、再度、感染が拡大した場合に備えるべく、都道府県とも緊密に連携しながら、全力で取り組んでまいります。

 各党の皆さまにおかれましても、何とぞご協力をよろしくお願い申し上げます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ