新型コロナ 自民有志「中小企業にマイナス金利融資を」 菅長官に提言

 自民党の有志議員グループ「経世済民政策研究会」の座長を務める三原じゅん子参院議員は22日、首相官邸で菅義偉官房長官と面会し、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する経済政策として中小企業向けにマイナス金利での融資などを求める提言を手渡した。

 新型コロナウイルスの感染が収束するまで国民1人当たり月額5万円を支給することも盛り込んだ。研究会は今年、長期的な経済政策を議論するために立ち上げた。面会には長島昭久元防衛副大臣や、無所属の細野豪志元環境相らが同席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ