入国制限緩和「今、判断のときではない」 西村担当相

 西村康稔経済再生担当相は21日の参院議院運営委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が行っている入国制限の緩和について「今、判断するときではない。慎重に判断したい」と述べ、否定的な考えを示した。

 西村氏は、野党議員から緊急事態宣言の一部解除を判断する時期が早いのではないかと尋ねられたことに対し「新規感染者は減って収束に向かっている。医療体制も重症者が減って余裕が出てきている」などと説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ