「3密」回避 自民が合同部会を分散開催へ

 自民党が新型コロナウイルスへの感染リスクが高い密閉、密集、密接の「3密」を避けるため、20日に党本部で予定する新型コロナウイルス対策本部などの合同会議を分散して開催することが18日、分かった。7日の合同会議には多数の議員が殺到し、「3密」を心配する声が漏れていた。

 20日の合同会議は家賃支援策などを盛り込んだ令和2年度第2次補正予算案などが議題となる。午後1時から2時半まで東日本選出の議員が、3時から4時半まで西日本選出の議員が出席する。

 先の合同会議は出席者で会場がすし詰め状態となったことにとどまらず、発言者が相次いだため4時間以上も続き、政調幹部が「議論の仕方をどうするか考えなければならない」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ