譲位1年 政府、伝統と憲法の調和に全力 皇位継承議論は旧宮家復帰明記焦点に

 天皇陛下が即位され、「令和」の時代が幕を開けてから5月1日で1年を迎える。一連の皇位継承儀式は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」を残すのみだ。政府は、立皇嗣の礼の後に安定的な皇位継承策の議論を本格化させる方針だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されており、時期は見通せていない。

 政府は昨年4月30日の「退位礼正殿の儀」(退位の礼)を皮切りに、憲法で国事行為と定める皇位継承儀式を行ってきた。最も重視したのは「歴史的な皇位の継承を国民がこぞってことほぐことができる」(安倍晋三首相)環境づくり。退位の礼と、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち「剣」と「璽(じ、勾玉=まがたま)」などを引き継ぐ昨年5月1日の「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」との間隔を空けて厳格に分離するなど、憲法が定める政教分離の原則に配慮した。

 一連の儀式の最後となるのが立皇嗣の礼で、4月19日に行う予定だった。新型コロナの感染が拡大する中、政府は規模縮小などで開催を目指したが、7日に東京都を含む7都府県を対象に緊急事態を宣言。14日に延期を閣議決定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ