日米防衛相、コロナで協力 河野氏、消火剤流出に遺憾

 河野太郎防衛相は24日、ドイツのクランプカレンバウアー国防相、米国のエスパー国防長官と相次いで電話会談した。エスパー氏とは、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、防衛当局間で協力していくことで一致。河野氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)から泡消火剤が流出した問題で遺憾の意を伝えた。

 クランプカレンバウアー氏とは新型コロナの世界的流行を踏まえ、透明性のある情報発信が重要との認識で一致。中国が初期対応で情報を隠蔽したと批判されていることが念頭にあるとみられる。

 河野氏はクランプカレンバウアー氏との会談で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」をめぐる自衛隊の活動で得られた教訓や、自衛隊中央病院での症例分析について説明した。クランプカレンバウアー氏は、ドイツがイタリアやフランスから感染者を受け入れ、ドイツ軍が輸送支援に当たったと紹介した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ