コロナとジュゴンで「辺野古はNO」 沖縄県が政府に申し入れ

 沖縄県は17日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の埋め立て水域でジュゴンの鳴き声が確認されたとして、防衛省に工事を中止した上で環境影響評価を行うよう申し入れた。玉城デニー知事は同日、菅義偉官房長官に新型コロナウイルスの感染拡大を理由として工事中止を求めており、「コロナ」と「ジュゴン」で辺野古移設を阻止する構えだ。

 玉城氏は17日の記者会見で「沖縄防衛局では水中音調査を実施することなく、鳴音が確認された後も事業を継続している」と指摘した。その上で「南西諸島において絶滅が危惧されるジュゴンへの配慮を著しく欠いている」と防衛省を批判した。

 これに先立ち、玉城氏は菅氏に電話し、辺野古での工事に従事する関係者が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたことを受け、工事の中止を求めた。菅氏はその後の記者会見で「状況の整理を行うため工事をいったん中断する。新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けて適切に対応する」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ