自民、公明、維新などの憲法審幹事が意見交換 重要テーマに「新型コロナウイルスと憲法」

 衆院憲法審査会の自民党、公明党、日本維新の会などの幹事が16日、国会内で会談し、「新型コロナウイルスと憲法」を重要なテーマと位置付けることで合意した。当初は審査会日程を協議する幹事懇談会を開く予定だったが、立憲民主党や国民民主党など主要野党が出席に応じなかったため、意見交換の場に切り替えて開いた。

 会談では、感染拡大が深刻化する中、憲法に明記されている国会の定足数や国会議員の任期などをめぐり、緊急時の対応をどうすべきかについて問題意識を共有した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ