首相記者会見全文(11)「若者も東京にとどまっていただきたい」

=(10)から続く

--若者に帰省の動きがかなり出ている。

 「あの冒頭申し上げましたようにですね、この新型コロナウイルス感染症は、感染していても症状が出ない場合があります。症状が出ないことによって気づかずに人に感染させてしまうという恐ろしい点があります。ですから、自分も感染しているかもしれないという思いをですね、特に若い皆さんには持っていただきたいと思います」

 「若い皆さんは非常に活動的ですし、体力もありますし、免疫も強いですから、なかなか症状が出てこない。ですから、自分がもしかしたらお父さんやお母さんやおじいちゃん、おばあちゃんたちにうつしてしまう。高齢者にうつしてしまえば、これは重症化していくリスクが高いという観点からですね、東京においても、いわば都市封鎖、ロックダウンのようなことは行いませんから。経済社会の機能は維持をしていきますから。ぜひですね、ぜひ東京にとどまって、できるだけ東京にとどまっていただきたいというふうに思います」

--医療崩壊について。他国の現場では、生存する可能性がより高い患者を優先する命の選択を迫られている。日本でも起こるかもしれないことをどう考えるか。SNS(会員制交流サイト)の有益性に触れたが、ネットの声も届くこともあると考えていいか

 「まず始めにですね(医療に優先度を付ける)トリアージについては、そういう事態にならないように全力を尽くしますが、医療現場にとってですね、大変つらい事態ですよね。医療提供態勢とのバランスにおいて、A、Bという患者があれば1人しか対応できない。どちらをとるかという、そういう判断なんだろうと思います。われわれとしては。そういう状況にならないように重症者対策を中心に、医療提供態勢を強化することも大変重要だと考えております」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ