首里城再建で模索 法律基準超えた防火対策も

 【深層リポート】

 昨年10月に焼失した那覇市の首里城再建に向け、国の有識者会議が報告書をまとめた。関係者が最も意を砕いたのは、再建後の防火対策だ。どうすればあのような火災を防げるのか。火災から5カ月がたった今も模索は続いている。

スプリンクラー設置

 国の技術検討委員会は3月17日、正殿復元に必要な設備や資材に関する報告書を内閣府に提出した。平成4年の復元を踏襲することを前提としたが、前回復元と大きく変わった点もある。

 「二度と火災によって失われない首里城という、防火対策をしっかりやることが大きなテーマだった」

 検討委の委員長を務めた高良倉吉琉球大名誉教授はこう振り返る。報告書では配管の塗装を工夫したうえでスプリンクラーを設置することが盛り込まれた。前回復元では美観を損なうとして設置が見送られたが、関係者は「スプリンクラーに反対する委員は一人もいなかった」と明かす。

 首里城は城郭に囲まれているため消防車が入れず、ホース延長で対応するまで時間がかかった。このため、報告書では高層ビルに利用されるような連結送水管設備を城郭内に設けるべきだとした。貯水槽の増設や煙探知機の設置も提言している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ