衆院解散「コロナ終息後いつあってもおかしくない」 伊吹元議長

 自民党の伊吹文明元衆院議長は26日の二階派会合で、衆院解散・総選挙の時期について「新型コロナウイルスが終息したら、いつあってもおかしくない」との認識を示した。伊吹氏は「日本国内で終息していないときに自分たちの利益だけでやるわけにはいかない。外国が困っているときに、国内で(終息の)めどが立ったからといってやれば、その内閣はえらいことになる」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ