在チェコ大使館職員が感染 新型コロナ、外務省で初めて

 外務省は21日、在チェコ日本大使館のチェコ人職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員は体調に大きな問題はなく、他の職員らと接触しないように自主隔離をしているという。外務省職員で新型コロナへの感染が確認されたのは初めて。

 職員は13日に発熱を訴えて以降は勤務しておらず、大使館の同僚に症状は出ていないという。職員との濃厚接触者についても確認を急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ