新型コロナ禍で読み解く日本・中国・米国と「世界のかたち」

 もちろん、現時点では中国のそんなアピールに聞く耳をもつ国がどれほどあるのか疑問です。しかしながら問題は、パンデミックによって、中国による『成功アピール』の是非よりも、民主主義国家がどこまで新型コロナウイルス禍のコントロールや治療・予防に成功するか、という段階に移っています。つまり、日本や米国で対策や新薬開発がうまくゆかなければ、結果的に中国のほうが何となくうまくやっているということになるということです。これからは日米をはじめとする西側諸国にとっても正念場といえます」

安倍対中外交の成功と不安材料

 --日本政府のこれまでの対中外交についてはどう考えますか。

 「安倍晋三政権の対中外交は非常に成功していると思います。なぜかというと、欧米の先進国との外交・安保関係や軍事交流を深めながらも、中国との協力関係を安定的かつ機能的に維持できているからです。日中関係について中国側は前述のように推進を望んでいます。また、延期になりましたが、習氏の訪日を成功させ、日中関係を盛り上げてゆきたい、という強い意思を感じ取ることができます。これは中国外交における日本の存在感を高めるためにはよいチャンスです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ