新型コロナ禍で読み解く日本・中国・米国と「世界のかたち」

習政権の「危機」と日本・欧米の正念場

 同様に注目すべきは、新型コロナウイルス禍をきっかけに中国の国民から言論の自由を求める声が高まってきていることです。それはこの問題についていち早く警鐘を鳴らして当局に摘発された男性医師、李文亮さんが新型肺炎で亡くなったことが契機となりました。若者を中心にネット上で『記憶を消さない』という趣旨の運動が起き、政府の情報統制を批判する学者たちの声明がネットに公開されました」

 --習政権の危機ということでしょうか。

 「確かにこうしたさまざまな問題が相まって今後、習政権は難局に直面すると思われますが、政権がすぐに崩壊するなどという見方はしていません。たとえば、『国民が一致団結して新型コロナウイルスに打ち勝つのだ』という主張もあり、その流れは習政権を支える基盤にもなります。また習政権は新型コロナウイルス禍を利用して中国の国際的な存在感をアピールしようと試みているふしがあります。たとえば、新型コロナウイルスの構造や症例などに関して中国は世界で最も多くのデータを有しているわけですから、それをもとにしたワクチンや治療薬の開発、予防などの分野で国際的なリーダーシップを発揮しようとしているようにみえます。また武漢に代表される『封じ込め対策』についてもしかりでしょう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ