「中国ウイルス」米中論争、「中国発生だがコメントしない」と菅氏

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの呼称をめぐる米国と中国の対立に関し「感染症が中国で発生したことは明らかだと認識しているが、呼称をめぐるやり取りについてコメントする立場ではない」と述べた。

 米国ではウイルスについて、トランプ大統領が「中国ウイルス」、ポンぺオ国務長官が「武漢ウイルス」などと呼び、中国側は「米軍が武漢に感染症を持ち込んだのかもしれない」(中国外務省の趙立堅報道官)などと主張して、対立が続いている。

 菅氏は「政府としては従前から『新型コロナウイルス感染症』と呼称している」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ