与野党が「協議体」設置で合意 コロナ対策

 自民、公明、立憲民主など与野党の幹事長・書記局長は17日、国会内で会談し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、与野党による新たな協議体を設置することで合意した。党派を超えて感染拡大の防止策や経済対策などについて協議する。

 自民党の二階俊博幹事長は会談後、記者団に「与野党が協力しあって被害を最小限に抑えるよう努力することで一致した。スムーズな協議につながっていくだろう」と期待感を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ