北朝鮮飛翔体は「短距離弾道ミサイル」 河野防衛相

 河野太郎防衛相は3日午前の記者会見で、北朝鮮が2日に発射した2発の飛翔体について「短距離弾道ミサイルと推定している」と発表した。2発の短距離弾道ミサイルのほかに多連装ロケット砲などを発射した可能性があるとも明らかにした。

 河野氏によると、2発の発射間隔は1分未満で、北朝鮮が保有しているミサイル「スカッド」の軌道よりも低い高度を飛んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ