埼玉県が500人以上の主催行事を中止・延期 3月15日まで

 埼玉県の大野元裕知事は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県が主催する参加者500人以上の行事について、原則、同日から3月15日までの間は中止か延期とする方針を明らかにした。県の対策本部会議で表明した。

 大野知事は、政府が大規模イベントの中止や延期を要請していることを念頭に「今後1、2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際という国の判断に従った」と記者団に説明した。

 県によると、県農林公園(深谷市)で3月1日に予定していた「春まつり」が中止になるなど、現時点で約20の行事が影響を受ける見通しだ。高齢者や妊婦の参加が見込まれる催しは、参加予定者が少ない場合も中止を検討する。一方、県立学校での卒業式などの行事は各校に判断を委ねる。

 イベントの中止や延期に加え、大宮競輪場(さいたま市大宮区)や浦和競馬場(同市南区)での公営競技は当面、無観客で実施し、車券や馬券の場外発売は中止する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ