国民幹事長、定年延長「疑念ただす」 枝野氏は首相やじ非難

 国民民主党の平野博文幹事長は15日、安倍晋三政権が閣議決定した黒川弘務東京高検検事長の定年延長に関し、17日の衆院予算委員会集中審議で追及する考えを示した。「恣意(しい)的な人事をした疑念があるので、しっかりただした方がいい」と水戸市で記者団に語った。

 安倍首相の野党議員に対する「意味のない質問だ」とのやじについて「政治家としての品格に関わる」と非難。予算委での謝罪が不十分な場合、懲罰動議を提出する可能性に言及した。

 立憲民主党の枝野幸男代表も党会合で「(首相が)本当におわびするのかどうか、注目しなければならない」と強調。「問題点を厳しく指摘する質問に『罵詈(ばり)雑言』とレッテルを貼ってやじを飛ばすのは、行き着くところまで行っている」と非難した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ