地上イージス現行案困難 自民県連、防衛相に伝達

 河野太郎防衛相は12日、秋田市などが候補になっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、自民党秋田県連の幹部と防衛省で面会した。県連は住宅地に近い陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備について「住民感情を踏まえると、無理があると言わざるを得ない」として、困難だと伝達。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も首相官邸で県連と会い、「重く受け止めている。(候補地は)ゼロベースで考えている」と述べた。

 河野氏は県連に対し「(地上イージスと)住宅地の距離は重要な要素だ。要望を重く受け止めて検討する」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ