病院船配備「加速的に検討」 厚労相、新型肺炎「蔓延防止」

 加藤勝信厚生労働相は12日の衆院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に関し、「引き続き水際防止、国内での蔓延(まんえん)防止、医療態勢の整備に万全を期していきたい」と述べた。また、災害時や感染症に対応するための病院機能を持つ船舶「病院船」を配備することについて「これまでの議論や課題を関係省庁と探り、配備の在り方は加速的に検討する必要がある」と述べた。

 新型肺炎をめぐっては、横浜港に停泊中のクルーズ船の多数の乗客から感染が確認され、治療や隔離などが課題になっている。

 自民党の赤沢亮正氏の質問に答えた。

 12日の衆院予算委は、安倍晋三首相や関係閣僚が出席して、新型肺炎の感染拡大への対応などを論点に集中審議を実施した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ