「お互いが抱き合えてこそ解決」 “タイムリミット”意識の拉致被害者家族、政府に一層の奮起促す

 有本恵子さん(60)=拉致当時(23)=の北朝鮮での生存を示唆する情報が入った昭和63年以来、娘の救出を懸命に訴え続けてきた母、嘉代子さんが94歳で亡くなり、家族は「タイムリミット」をより強く意識している。それでも、家族会と救う会は9日の会議で、「全拉致被害者の即時一括帰国」という原則の維持を政府に求め、運動方針として掲げた。個々の不安や悲しみを飲み込み、結果を出せていない政府になお、奮起を促す姿勢を貫いた意味は重い。

 「お互いが笑って泣いて抱きあえてこそ、拉致の解決。もし恵子さんが今帰ってきても、手放しでは喜べないと思う。そういう状況は二度と見たくない」。会議後の記者会見で、田口八重子さん(64)=同(22)=の長男で家族会事務局次長の飯塚耕一郎さん(42)は、うつむいた。

 平成24年に発足した第2次安倍政権は8年目に突入。拉致問題解決を「最優先課題」に掲げてきたが、具体的な進展はない。

 「このままで、本当に解決するのか。実情が見えない」「『最重要課題』『あらゆるチャンスを逃さない』という言葉が、むなしく聞こえる」。家族らは、機微に触れる外交交渉の過程をつまびらかにはできないことを理解しつつも、痛切な思いを吐露する。

 家族の高齢化は著しい。嘉代子さんが亡くなり、未帰国の政府認定拉致被害者の親世代で存命なのは、夫の明弘さん(91)、横田めぐみさん(55)=同(13)の両親、横田滋さん(87)、早紀江さん(84)だけとなった。

 滋さんは長らく入院生活が続き、「体調がいい日もあれば悪い日もある」(早紀江さん)。家族会代表で八重子さんの兄、飯塚繁雄さん(81)も病気で体調がすぐれない。3人は例年、会議後の記者会見に出席していたが今年は全員が体調などを考慮し、欠席した。

 帰路に産経新聞の取材に応じた明弘さんは、最愛の妻を失ったことに「しんどい。やっぱ話すのは無理や」と目を潤ませた。拉致解決には「一瞬、一秒が大事。安倍(晋三)さんにかかっているやろ」と、期待を込めた。

 めぐみさんの弟で家族会の事務局長の拓也さん(51)は「記者会見に親世代の人間が誰もいない。これ自体が、時間の残酷な経過を物語っている」と複雑な思いを語った。

 堅持された被害者全員の即時一括帰国という原則をめぐり、家族会を含め、さまざま意見があることも認める。それでも、「私たちは苦しくても耐え抜き、原則論を貫いて活動を続けていく。政府もこのハードルを絶対に下げることなく、北朝鮮と粘り強く交渉してほしい」と訴えた。(中村翔樹)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ