立ちはだかる「中山方式」 安倍首相は乾坤一擲の勝負に出るか 迫る憲法改正のタイムリミット

 【政界徒然草】憲法改正に意欲を示す安倍晋三首相だが、自民党総裁としてのタイムリミットは着実に迫っている。立憲民主党をはじめとする主要野党は抵抗姿勢を強め、与党からも悲観論が上がっている。首相はこのままむなしく「時間切れ」を迎えるのか、それとも一世一代の勝負に出るのか。

 「夢を夢のままで終わらせてはならない」

 首相は1月20日の施政方針演説をこう締めくくった。直接的な言及はなかったが、筆者には悲願である憲法改正を指しているように聞こえた。

 これに先立つ16日の自民党中央政治大学院の会合では、「歴代の総裁が時代に応じて全力を尽くしてきたが、党是である憲法改正はいまだ成し遂げることができていない。必ずや、今度こそ成し遂げたい」と訴えた。

 もともと憲法改正に強い意欲を持つ首相だが、これらのメッセージの裏側には、残された任期への意識もあったのではないだろうか。

 首相の党総裁任期は来年9月まで。総裁4選の可能性も取り沙汰されるが、規定通りにいけば残された時間は1年8カ月しかない。客観的に見れば、任期中の憲法改正はすでに「赤に近い黄信号」(自民党中堅)の状況だ。

 憲法改正には、国会に憲法改正原案を提出し、衆参それぞれ3分の2の賛同を得て発議する必要がある。改憲原案の国会審議には少なくとも2国会を要するとされることから、できれば今国会中、遅くとも今秋召集の臨時国会には改憲原案を提出する必要がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ