加藤厚労相、1700病床で「重症患者の対応可能」

 加藤勝信厚生労働相は6日の衆院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に関し、感染症指定医療機関の病床数が約1700床あることを説明し、「現状の発生状況から考えると対応できる」と述べた。共産党の高橋千鶴子氏が重症化した患者の受け入れ態勢を尋ねたのに答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ