1億5千万円認める 窮地の河井夫妻 連座制・補選で飛び交う臆測

【政界徒然草】

 昨夏の参院選をめぐり、公職選挙法違反の疑いで広島地検の家宅捜索を受けた自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員。新たに夫妻の政党支部に計約1億5千万円もの資金が党本部から入金されていたことも明らかになり、与党内からも疑問視する声が上がっている。地検は捜査を進めているが、仮に連座制が適用されたり、議員を辞職したりする事態になれば補欠選挙となるだけに、党や地元関係者は固唾をのんで見守っている。

1億5千万円認める

 「政治資金収支報告書でもしっかりと記載をして報告することにしている。違法性はないものと考えている」

 1億5千万円の入金問題を週刊文春が報じた23日、案里氏は国会内で記者団を前に、受領を認めつつ適法だったとの認識を示した。

 夫妻をめぐっては、昨年夏の参院選で、案里氏陣営の選挙カーでアナウンスする車上運動員十数人に法定の1万5千円を超える報酬が支払われ、案里氏の秘書が関わった疑いがもたれている。

 また、陣営の一員として選挙運動をした男性会社員に、克行氏から約86万円が支払われたという買収疑惑も浮上している。だが、こうした疑惑について、夫妻は捜査中を理由に明確な説明をしていない。

 説明責任を果たさないことへの不信感が高まる中、多額の資金が党本部から流れていたことが明らかになり、波紋が大きく広がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ