通常国会の政府新規法案は52本 会期延長ない見通しで過去最少に

 政府が20日に召集する通常国会に新規提出する法案数を52本に絞り込んだことが15日、分かった。ほかに最終調整中の法案もあるが、提出法案数は会期途中で衆院が解散した場合を除くと過去最少の56本を下回る見通しだ。条約は16本の提出を検討している。

 法案には、パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法案などが含まれている。このほか議員立法では、昨年の臨時国会まで5国会連続で継続審議となった憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の成否が焦点となる。

 通常国会の会期は6月17日までの150日間。6月18日に東京都知事選が告示され、7月24日には東京五輪の開会式が控えていることから、政府・与党は会期の延長は難しいとみて法案を絞り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ