NHK同時配信 本日中に認可へ 高市総務相

 高市早苗総務相は14日の閣議後会見で、NHKが申請したテレビ番組を放送と同時にインターネットで配信できるようにする「常時同時配信」の実施基準案ついて、本日中に認可する方針を示した。昨年12月に申請された修正内容が「おおむね妥当」なものであるとし、「一定の条件を付した上で認可したいと考えている」と述べた。

 総務省は14日に電波監理審議会(総務相の諮問機関)を開き、認可が適切である旨の答申を得た上で認可する予定。

 総務省は認可条件として、インターネット活用業務の実施費用の抑制的管理のための具体的な仕組みの早期導入や、NHKと他の放送事業者との連携・協調の取り組みを具体化するために必要な措置を協議する場の設置などを求める方針だ。

 NHKの常時同時配信をめぐっては、昨年10月に提出された実施基準案が実質的に受信料収入の3・8%まで費用を拡大できる内容だったことを受け、総務省は業務の肥大化などに懸念を示して再検討を要請。NHKはネット活用業務費用の大幅な引き下げや配信時間短縮などを盛り込んだ修正案を昨年12月に提出していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ