陸自空挺団が降下訓練始め、河野防衛相も塔から挑戦

 陸上自衛隊の精鋭部隊、第1空挺団(千葉県船橋市など)は12日、同県の陸自習志野演習場で「降下訓練始め」を行い、隊員約300人が最高約1600メートルの高度の航空機からパラシュートで次々と飛び降りた。

 パラシュート降下は、敵勢力に侵攻された離島を奪還するために空から離島に潜入する状況を想定。米陸軍も参加した。視察した河野太郎防衛相は記者団に「万一の際、第1空挺団は(離島奪還の)先頭に立つ重要な任務を背負う。日ごろから備えて訓練を続けていただきたい」と述べた。

 これに先立ち、隊員の降下技能を養成するための訓練に河野氏も挑戦した。「がんばります!」と叫んだ後、高さ11メートルの塔から命綱を装着して飛び降りた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ