奈良をハイエンドな観光地に 荒井知事に聞く

 奈良の観光が大きく動いている。奈良公園バスターミナル(BT)が今年4月に開業。来春には県コンベンションセンター(国際会議場)と外資系高級ホテル「JWマリオット」がオープンする。「ハイエンドな観光地」を目指す荒井正吾知事に、観光と経済の観点から今年を振り返ってもらうとともに、来年の方針を聞いた。(川西健士郎)

「高級観光地」形に

 「奈良は高齢者の資産の保有高が全国2位。会社ではなく所帯がお金を持っている。消費額も多いが、県内消費率は全国で最低レベルだ」

 荒井知事は、低調な県内消費の改善を主要な経済課題に挙げる。大阪や京都へのアクセスの良さが、こうした構造を招いていると分析し「質の高いものを県内で消費してもらえるよう、いいサプライサイド(供給側)を誘致する必要がある」と話す。

 今月、令和12年までの10年計画を発表した南都銀行(奈良市)も、県内総生産の10%増加を目標に掲げる。同社は「ポテンシャルのある『宿泊・飲食サービス業』と関連する『卸売・小売業』『製造業』『保健衛生・社会事業』の拡大を目指す」とするが、荒井知事も観光から消費拡大につなげる構想を持っている。

 「商店街をローエンドからハイエンドにするのは難しい。質の高い消費に転換していくためには、観光をハイエンドにするのが有効だろう。欧米の高級観光地にラグジュアリーブランドや宝石店があるように、宿泊とショッピングが一緒にならないといけない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ