菅氏、日中韓サミットは「北朝鮮の問題は3か国の関心事項」

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は23日午前の記者会見で、中国四川省成都で24日に開かれる日中韓三カ国首脳による日中韓サミットに関し「北朝鮮問題は日中韓3カ国の共通の関心事項であり、関連する諸懸案の解決に向けた連携をしっかり確認したい」と述べた。

 また、23日午後に北京で予定されている安倍晋三首相と中国の習近平国家主席との会談については「来春の習主席訪日を有意義なものとし、日中新時代にふさわしい日中関係を築き上げるべく、大局的な観点から忌憚のない意見交換を行う」と説明した。

 安倍首相は、いわゆる元徴用工問題などで関係が戦後最悪レベルに冷え込んでいる韓国の文在寅大統領とも24日に1年3カ月ぶりとなる会談に臨む。菅氏は「韓国側が国と国との約束を遵守することで、日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作る必要がある」と指摘。「日韓間の諸課題について韓国側の賢明な対応を求める。これがわが国の基本的な立場だ」と重ねて強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ