野党、会期延長を要求 与党は拒否へ 内閣不信任案も検討

 立憲民主党など主要野党は国会会期末の9日、会期の40日間延長を大島理森衆院議長に申し入れた。与党は拒否する方針で、閉会中審査を可能にする手続きなどを行い、第200臨時国会は閉幕する。

 申し入れは立民の安住淳国対委員長らが実施。安住氏はその後、自民党の森山裕国対委員長と会談し、申し入れについて説明した。

 申し入れでは首相主催の「桜を見る会」をめぐり「疑念は払拭されず、政治や行政への不信は増幅している」と指摘し、「このまま国会を閉じることは到底容認できない」とした。

 安住氏は記者団に「事実上の通年国会にし、桜を見る会に関して審議したい。与党が臭い物にふたをするというか、力ずくの閉会をすることは極めて異例で残念だ」と強調した。

 大島氏は申し入れを衆院議院運営委員会へ諮問し、最終的に午後の委員会で否決される。

 野党は桜を見る会をめぐる問題で首相が説明責任を果たしていないなどとして内閣不信任決議案提出の是非を検討しており、9日中に判断する構えだ。

【関連記事】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ