河井参院議員が診断書提出 適応障害で療養

 自民党の河井案里参院議員(広島選挙区)は6日、世耕弘成参院幹事長に対し、適応障害のため1カ月の療養が必要とする診断書を秘書を通じて提出した。世耕氏が同日の記者会見で明らかにした。河井氏は7月の参院選をめぐる公職選挙法違反疑惑が報じられて以降、参院本会議を欠席するなど公の場に姿を現していない。

 世耕氏によると、河井氏は書面で、疑惑について「第三者に入ってもらい調査を進めている。適切な時期に報告したい。(市民団体などから)受けている刑事告発についても当局から協力を求められれば、真摯に対応し、説明する」と説明したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ