「日本にできれば働きたい」カジノで働く日本人たち あのスーパースターにもインタビュー

【シンガポールIRのいま】(下)

 シンガポールの統合型リゾート施設(IR)「マリーナベイ・サンズ」には、85人の日本人が勤務している。取材した3人の日本人は、いずれも「日本にIRができれば日本のために働きたい」との意向を示した。カジノで働く彼ら、彼女らは、どんな“志”を持っているのか。(天野健作)

「日本の先駆者に」

 「日本ではカジノに関して経験者がまだまだ少ない。日本でIRができれば何か役に立ちたい。戻って働くことができれば、この業界の先駆者になれるチャンスだと思う」

 サンズで世界のカジノの動向を分析する部署に勤める栗原美里さん(38)=東京都江東区出身=は、こう期待する。

 大学卒業後、外資系ソフトウエアに5年間務めた後、英国に2年間滞在。帰国後、ゲームなどを取り扱う会社に勤める傍ら、カジノディーラー養成コースに通った。2014年、修了と同時にサンズのカジノディーラーとして約3年働く。2016年にはディーラーの腕を競う大会でブラックジャックとバカラで決勝まで進出した腕も持つ。

 ディーラーの経験の中で、カードをちぎって投げつける客もいた。日本のカジノ導入について「懸念はもっともだ。リスクと楽しさの両方を知って遊べたらいいのでは。カジノだけではなく、何事にも両面がある。カジノに焦点が当たれば、責任あるギャンブルが進むようになり、リスクは下がると思う」と期待する。

大人の社交場

 名前から「ジャスティス(正義)」と呼ばれることもあるという斉藤正義(まさよし)さん(38)=東京都世田谷区出身。サンズで働く日本人の中でも、カジノ業界で最も長い経験を持つ。

 「ギャンブル依存症への対策は欧米よりも、シンガポールでは高いレベルが求められている。隙がないよう、厳しくやっているように感じる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ