8月の発射は新型と推定 防衛相、北朝鮮ミサイル

 河野太郎防衛相は3日の記者会見で、北朝鮮が8月10、16日に発射した飛翔体について新型の固体燃料推進方式の短距離弾道ミサイルだと推定していることを明らかにした。北朝鮮は5月以降、短距離弾道ミサイルなどを計13回、20発以上を発射。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を含めて少なくとも4種類の新型が含まれている。

 防衛省はこれまで8月10、16日の発射に関して命中精度が高い米国の戦術地対地ミサイル(ATACMS)と類似しているとし、短距離弾道ミサイルの可能性を含めて分析を続けてきた。

 7月31日と8月2日の飛翔体に関しても引き続き分析する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ