「一つの党より連立」 玉木氏、合流に慎重姿勢

 国民民主党の玉木雄一郎代表は26日のインターネット番組の収録で、立憲民主党などとの合流に慎重姿勢を示した。「一つの党になるより、連立の時代になっている。各党がカラーを出しながら力を合わせる方が、多様化した社会に合っている」と述べた。

 衆参両院で立民などと結成した会派に触れ、「国会で信頼関係が築けて初めて党が一緒になる。まずは会派で進めていることを大事にする」とも強調した。

 一方、立民の福山哲郎幹事長は会見で、国民佐賀県連が年内にも立民と合流するよう求める決議を採択したことについて「一緒にやりたいと言われ、われわれとしては評価したいし、ありがたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ