日韓の政財界人が会議 関係正常化へ議論

 日本と韓国の政財界人でつくる日韓・韓日協力委員会の合同総会が25日、東京都内で開かれた。両国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持を踏まえ、関係正常化に向けて課題を議論。日本側代表の麻生太郎副総理兼財務相は元徴用工訴訟問題を念頭に「国と国との約束はしっかり守っていただく必要がある」とあいさつで強調した。

 麻生氏は「日韓関係は現在、最も厳しい状況にある。先人たちが築き上げてきた関係を次世代に引き継がなければならない」と指摘。韓日協力委の李大淳理事長は「両国で反日、嫌韓の雰囲気が横行している。一日も早く正常な関係を取り戻せるよう願っている」と語った。総会では民間交流の促進策も協議した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ