谷垣元総裁、安倍一強や後輩政治家に語った「楕円」のススメ

「ポスト安倍」にエール 

 谷垣氏といえば避けて通れないのが、12年の「加藤の乱」だ。野党提出の森喜朗内閣不信任決議案に同調しようとした加藤紘一氏を「あなたは大将なんだから」と涙ながらに制止したシーンは幾度となくテレビで放映された。不信任案は否決されたが、加藤氏が会長を務め、自身も所属した加藤派(宏池会)は分裂した。

 「今、野党が自民党に迫りうる勢力になり得ないのであれば、自民党はかつてのように『振り子の論理』とか『楕円(だえん)』のように中心が一つでないというようなことが必要だと思う。自民党の将来は『こういう次を用意している』というのがないと(国民の)飽きを乗り越えることもできない」

 「振り子の論理」とは、党内の権力基盤が時計の振り子のように右へ左へと動き、党内で「疑似政権交代」をしながら自民党そのものは変わらず政権を維持していく-という考えだ。

 「安倍一強」や「政高党低」といわれるようになって久しい。閣僚の相次ぐ辞任や首相主催の「桜を見る会」の問題は、長期政権ゆえともいわれる。だからこそ、党内に多様な意見が存在し、右に振れたら左に振れる「振り子」の重要性を説く。

 「楕円の論理」も宏池会出身の大平正芳元首相の言葉で、楕円には中心が2つあり、バランスを保ちながら政策や党運営を行うことが大切だというものだ。

 それは現宏池会(岸田派)会長の岸田文雄政調会長ら「ポスト安倍」に向けたエールにも聞こえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ