N国・丸山穂高議員に“泥酔疑惑”浮上! 「饗宴の儀」で女性皇族に不適切言動!? 本人は否定

 NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員に、またもや「泥酔トラブル疑惑」が発覚した。天皇陛下のご即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」(10月29日)で酒に酔い、「不適切な言動」があった可能性があると、21日の衆院議院運営委員会理事会で、野党側の理事が報告したのだ。与党側は事実関係の調査に乗り出した。丸山氏は事実関係を否定した。

 「国会議員が招かれた立食形式のお祝いの場面で、丸山氏がだいぶん酒を飲み、(皇族方に)『不適切な言動』に出そうなところを、周りの同僚議員に制止される場面があったようだ」

 非公開の議運委理事会で、野党理事はこう発言したという。

 「不適切な言動」の詳細は不明だ。

 ただ、丸山氏は儀式参列後の同日、自身のツイッターで、フォロワーに「皇族の方とはどんな話をされたのですか?」と聞かれ、《本当にご即位おめでとうございます光栄ですとか、眞子内親王殿下が御目蓋をパチパチされていらっしゃったお話しとか、J-POPSのスピードの曲の話とか、アメリカはやはり遠いですねお寂しいですか?というお話しとか、是非とも大阪へ再度お成りくださいとか、ですね》と回答している。

 丸山氏は21日の議運委理事会後、国会内で記者団に、参列時にシェリー酒を飲んだことを認めたうえで、「全くもって名誉毀損(きそん)だ。周囲の議員から制止されたという認識はない」と反論した。

 丸山氏は今年5月、北方領土・国後島への「ビザなし交流」に同行した際、泥酔状態で北方領土を戦争で取り返すことの是非に言及。衆院本会議で6月、「糾弾決議」が全会一致で可決された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ