茂木氏「韓国が安保環境で戦略的判断」 GSOMIA

 茂木敏充外相は22日夕、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことについて「現下の地域の安全保障環境を踏まえ、韓国政府として戦略的判断をしたと受け止めている」と述べた。名古屋市内で記者団の取材に応じた。

 韓国側が求めてきた対韓輸出管理厳格化の見直しについては「GSOMIAの問題と輸出管理の問題は全く別の問題だ」と述べ、見直す必要はないとの認識を重ねて示した。

 いわゆる徴用工訴訟についても「(日韓間の)最大の課題、そして根本にある問題」と指摘し、「一日も早く国際法違反の状態を是正するよう引き続き強く求めていく」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ