河野前統幕長「最悪の事態避けた」 GSOMIA

 河野克俊前統合幕僚長は22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことについて「破棄をめぐる騒動ですでに北朝鮮に誤ったメッセージを送ってしまっているが、最悪の事態は避けられた」と歓迎の意を示した。産経新聞の取材に答えた。

 河野氏はGSOMIAについて「破棄されても日本のミサイル対処に影響はないが、その後の評価や分析には役に立つ」と説明。東アジアの安定のためには日米韓の連携が必要だとした上で「韓国は安全保障と貿易管理の問題を混同すべきでない」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ