自民・二階幹事長「日本の主張は一貫して変わらず」GSOMIA失効回避

 自民党の二階俊博幹事長は22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことについて「韓国が賢明な判断をした。日本の主張は一貫して変わらず、大局に立って行動している。韓国もそのことは良く分かっていると思う」と述べた。党本部で記者団の取材に答えた。

 今後の日韓関係については「隣国なので、相手がどうあろうと日本は高い見地から仲良くやっていかないといけない。相手の国を批判してもしかたない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ