河野防衛相 GSOMIAは「韓国が賢明な判断を」

 河野太郎防衛相は22日の防衛省での記者会見で、失効期限が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関し「韓国政権内にもGSOMIAが重要であるとの認識を持つ方がいる。韓国が賢明な判断をしてくれると考えている」と述べ、韓国政府に破棄決定の見直しを促した。

 GSOMIAが失効した場合の影響については「日本の安全保障に直接影響が出るものではない」と述べる一方、「韓国が破棄したとなると、間違ったメッセージを北朝鮮をはじめ周辺国に出しかねない」と語り、日米韓の安全保障協力の綻(ほころ)びを北朝鮮や中国などに印象づける事態を懸念した。

 GSOMIAは、韓国政府が破棄通告を撤回しない限り、23日午前0時に失効する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ