日韓会談後の河野防衛相と記者団のやりとり詳報

 河野太郎防衛相は17日午前(日本時間同日午後)、タイのバンコクで韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と会談後、記者団の取材に応じた。やりとりの詳細は以下の通り。

 河野氏「タイのプラユット首相兼国防相と日タイ防衛相会談を実施し、2国間の防衛協力、あるいは地域情勢について議論しました。また、『日タイ防衛協力交流に関する覚書』の署名も行い、防衛協力を幅広い分野で一層強化していくと一致した」

 「その後、鄭氏と初めての会談になりましたが、日韓の防衛相会談を実施した。私からは昨年来、日韓の間にはさまざまな課題が生じていて、この両国間の防衛当局間においても非常に厳しい状況が続いており、こうした状況を改善するために韓国側の賢明な対応を求めたい旨お伝えをいたしました」

 「北朝鮮情勢につきましては、北朝鮮の弾道ミサイル発射は安保理決議の明白な違反であり、強く非難するとともに、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)の実現に向けて国連安全保障理事会決議の完全な履行を堅持することなどが不可欠である旨、お伝えさせていただきました。また、日韓、日米韓の連携は極めて重要であることを確認するとともに、今後とも日韓の防衛当局間の意思疎通をしっかり継続していくということで一致した」

 --「賢明な対応」ということだが、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄についてはどのようなやりとりがあったのか

 河野氏「GSOMIAについても韓国側の賢明な対応を求めた」

 --韓国側からどういった発言が

 河野氏「韓国側の発言を私から紹介するのは差し控えます」

 --破棄通告の見直しの兆候は見えたのか

 河野氏「韓国側のご発言について私から申し上げるのは差し控えたい」

 --一致できた点は

 河野氏「日韓の連携あるいは日米韓の連携が、こういう北朝鮮情勢の中でもありますし、非常に重要だということ。また、国際社会の中で、例えば海賊対処などの国際社会における重要な課題について2国間の協力をしっかりしていこうということ。また、防衛当局間の意思疎通を大臣レベル、あるいはさまざまな事務的なレベルの中でも続けていこうということで一致した」

 --鄭氏は今日もGSOMIAの維持の必要性の発言があったのか

 河野氏「韓国側の発言を私から紹介するのは差し控えます」

 --鄭氏と初めて会って、その人間関係を(GSOMIAが失効する)23日までの間、どう生かしていくか

 河野氏「日韓の防衛当局の関係というのはこの朝鮮半島情勢、あるいは東アジアの安保情勢厳しい中、今後とも非常に重要だと思いますので、しっかりと長官とは意思疎通をやっていきたい」

 --防衛当局間の交流で、韓国訪問とか今後の日韓会談の予定と決まったものはあるか

 河野氏「次回の会談の予定はまだ決まったものがございませんが、大臣レベルのみならずさまざまなレベルでの交流というのは、あるいは意思疎通というのはしっかりやっていきたい」

 --日米韓防衛相会談はどんな内容を期待するか

 河野氏「日米韓の連携というのは東アジアの安保情勢が厳しい中で非常に重要でございますので、エスパー米国防長官とも初めてお会いすることになりますが、電話会談をこれまで何度かやっている。しっかり意思疎通ができるようにしていきたい」

 --米外交誌フォーリン・ポリシー(電子版)を転伝する報道が日本でもあった。駐留経費の負担を米が日本に4倍求めたという事実関係と考えは

 河野氏「事実関係はありません」

 --GSOMIAはどれくらいの割合で話したか

 河野氏「内容についてはこれ以上は差し控えます」(バンコク 田中一世)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ