菅氏、安定的な皇位継承をめぐる議論は「慎重な手続きが必要」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は15日午前の記者会見で、安定的な皇位継承をめぐる議論について慎重、丁寧に議論を進めていく考えを重ねて示した。「国民のコンセンサスを得るために十分な分析・検討と慎重な手続きが必要だ」と述べた。

 また、菅氏は「引き続き天皇陛下の即位に伴う一連の重要な皇室行事などが控えている。まずは大嘗祭(だいじょうさい)以降に予定される一連の行事をつつがなく行うことが大事だ」とした上で、「皇居の事務方からも意見を聞かないといけない。いろんな行事がずっと続くので、宮内庁の職員はなかなか時間がとれない」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ