日韓外務省局長が協議 徴用工問題、GSOMIA 平行線

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は15日午前、外務省で、韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長と日韓両国間の懸案について協議した。いわゆる徴用工問題をめぐり、滝崎氏は韓国最高裁判決で生じた国際法違反の状態を早急に是正するよう強く求めた。これに対し、金氏からは従来の韓国側の立場に基づく発言があったといい、韓国側から解決策の提示はなかった。

 滝崎氏は23日に失効する日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても提起し、北朝鮮が弾道ミサイルを相次いで発射している現状を踏まえ、韓国側に破棄の再考を促した。

 金氏はこれに対しても従来の韓国側の立場を説明。GSOMIAの破棄撤回と引き換えに日本政府による対韓輸出管理厳格化の見直しを求めたとみられる。

 日韓外務省の局長級協議は10月16日にソウルで開いて以来、約1カ月ぶり。協議は約2時間20分に及び、大半は徴用工判決をめぐる意見交換にあてられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ