「極めて遺憾」 菅氏、GSOMIA破棄めぐり改めて強調

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日の記者会見で、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が10日に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「韓日関係が正常化されれば延長を検討する用意がある」と発言したことに関し、「韓国の同協定終了の通告は現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ」と重ねて述べた。

 韓国側が日本の輸出管理強化を撤回すれば、協定破棄を撤回するとしていることについて「わが国の輸出管理の見直しは、関連する国際ルールにのっとって輸出管理制度を適切に実施する上で必要な運用の見直しだ。同協定の終了とは全く次元の異なる問題であり、韓国側の主張は認められない」と改めて強調。「引き続いて、韓国側に賢明な対応を強く求めていきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ