自民、岸田氏に“追い風”か 二階氏が失言、菅氏は近い閣僚が辞任

【政界徒然草】

 自民党の岸田文雄政調会長に“追い風”が吹きつつある。9月の党役員人事で連携し、岸田氏が希望した幹事長ポスト就任を阻んだ二階俊博幹事長と菅義偉官房長官が失言や自身に近い閣僚の辞任により相次いで批判にさらされているからだ。「ポスト安倍」に意欲を示す岸田氏は安倍晋三首相が宿願とする憲法改正に向けた議論の促進や政策面での発信を強めているが、このチャンスをものにできるのか。

災害対策、憲法改正で後塵を拝す

 「予測されていたことから比べると、(被害は)まずまずに収まったという感じだが、相当の被害が広範に及んでいる」

 二階氏は10月13日午後、甚大な被害を及ぼした台風19号を受けて開かれた党緊急役員会でこう述べた。死傷者が出ているうえ、被害の全容がはっきりしない段階での発言は厳しい批判を招いた。

 役員会は3連休の中日に緊急召集された。岸田氏は連休明けの15日に傘下の党政調会の災害対策特別委員会を開く予定で、会合自体は二階氏に先を越されたといえる。しかし、二階氏への非難は日増しに高まり、その15日に発言撤回に追い込まれた。

 「二階さんは張り切りすぎたんじゃないか…」

 岸田派の中堅議員はそう皮肉ったが、二階氏は名誉挽回とばかりに奔走する。発言撤回から2日後の17日にはヘリコプターで治水機能が注目された群馬県の八ツ場ダムなどを視察。自身が訴えてきた「国土強靱化」の必要性を改めて強調した。

 一方、岸田氏が翌18日に視察したのは都心から近い東京都世田谷区や川崎市高津区。岸田氏に近い議員は「党のカネでヘリを出せる二階氏とは違うよ」と二階氏との違いを自虐的に語った。

 二階氏は関東や東北を襲った大雨を受け、同26日午前にも党非常災害対策本部役員会を開き、復旧支援のための令和元年度補正予算の編成を政府に求めることを決めた。

 岸田氏はこの役員会に党4役で唯一出席できなかった。二階氏は役員会の開催を前日の夜に急遽決め、岸田氏は地元・広島に戻る途中で駆け付けることができなかったのだ。岸田氏周辺は「(岸田氏が)広島に向かう飛行機に乗ってから決めたのでは」と不快感を示す。

 改憲に関する活動をめぐっても、岸田氏は二階氏の後塵を拝した。

 安倍首相が9月の党役員人事で改憲に挙党態勢で臨む決意を表明すると、それまで改憲に関心を示していなかった二階氏がすかさず反応した。

 「今後、日本全国でこのような(憲法)集会が行われていくはずだ。みんな合言葉に『和歌山に負けないようにしよう』と言って張り切ってくれることだろうと思う」

 10月18日、二階氏は地元・和歌山で憲法改正に関する1000人規模の集会を県連主催で開いたうえで、自身の力を見せつけるようにこうあいさつした。伝統的にリベラルなイメージがある宏池会(岸田派)を率いる岸田氏も、旗振り役となるべく改憲をテーマにした地方政調会の開催を決めたが、二階氏に先を越された形となった。

菅氏は辞任ドミノが直撃

 「岸田包囲網」の一角とされてきた菅氏の足元も、にわかに怪しくなってきた。自身に近い菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相が相次いで辞任に追い込まれたのだ。

 菅原、河井両氏は過去にも週刊誌で公職選挙法違反疑惑やパワハラ問題などが報じられていたが、入閣には菅氏の影響力が働いたとの見方が強い。与党内では「閣僚に押し込んだ菅氏の責任は大きい」(党ベテラン議員)との声も増えており、菅氏の求心力が弱まりかねない状況だ。

 特に、岸田派と河井氏の間には因縁がある。河井氏は岸田氏と同じ広島県を地盤とする。7月の参院選広島選挙区(改選数2)では、菅氏が全面支援に回った河井氏の妻、案里氏が初当選を果たし、岸田派の重鎮で現職の溝手顕正氏が敗れた。

 派閥に所属しない菅氏は案里氏を二階氏に託し、案里氏は二階派に入った。河井氏の辞任について岸田氏は多くを語らないが、怨念が渦巻く岸田派内からは「(河井氏は)早く説明責任を果たすべきだ」との声が上がる。

「孤独」より「仲間」

 岸田派には10月31日、小鑓隆史参院議員(滋賀選挙区)が入会した。所属議員数で二階派に抜かれ党内第5派閥に転落していたが、再び二階派と並んだ。

 「プレッシャーや試練に耐え抜く。孤独に耐え続ける。トップとは、そういうものではないか」

 岸田氏は11月1日のテレビ番組で首相の資質を問われ、こう答えた。

 次期総裁選への意欲を明確にしている岸田氏だが、首相を目指すなら「孤独」よりも同じ目標を持つ「仲間」をつくるべきだとの指摘は多い。周辺議員からも「もっと頼ってほしい」という声が聞かれる。

 日本代表のベスト8進出に沸いたラグビーワールドカップ日本大会。多くの人に感動をもたらした「ワンチーム」の精神を岸田氏はどうみているのだろうか。(長嶋雅子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ