自民・稲田幹事長代行、夫婦別姓「議論していい」

 自民党の稲田朋美幹事長代行は6日、TBSのCS番組収録で、選択的夫婦別姓に関し「人生100年時代になり、いろいろな家族の形ができている。固定概念にとらわれず議論してもいいのではないか」と議論を容認する考えを示した。

 従来は「家族の一体感を損なう観点から反対の論陣を張ってきた」と振り返った上で、「いろいろな方の事情を聴き、考えが進化した」と理由を説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ