皇居で文化勲章親授式 ノーベル化学賞の吉野彰氏ら

 文化勲章の親授式が「文化の日」の3日、皇居・宮殿「竹の間」で行われ、ノーベル化学賞に決まった電気化学の吉野彰氏(71)や狂言の野村萬(まん)氏(89)ら6人に天皇陛下が勲章を手渡された。

 他の受章者は、政治学の佐々木毅氏(77)、写真の田沼武能(たけよし)氏(90)、数理工学の甘利俊一氏(83)、免疫学の坂口志文(しもん)氏(68)。

 式に続き、田沼氏が受章者代表で感謝の言葉を述べると、陛下は「文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」とねぎらいの言葉をかけられた。

 受章者は宮殿東庭で記念撮影に臨んだ後、宮内庁庁舎で記者会見。吉野氏は受章した勲章について「実際に重いです」と語り「幅広い文化の中でいただけたのは非常にうれしく思っております」と喜びを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ